関係学会等情報

 ここでは当会に関係する学会等の情報を掲載しています。掲載内容の詳細については、各機関にお問い合わせください。
 掲載希望は学会事務局までお知らせください。

 第26回資料保存利用問題シンポジウム

東日本大震災10年と史料保存―その取り組みと未来への継承―

日時:2021年6月26日(土) 13:30~17:30
オンライン開催<参加費無料/先着順受付>
参加登録用ウェブサイト:https://forms.gle/EieasBhbUBme6YFL6
シンポジウムポスターPDFデータファイル→こちらをクリックしてください。

プログラム

開会挨拶: 若尾政希(日本学術会議会員/一橋大学教授)

報告
 佐藤大介(東北大学災害科学国際研究所准教授)
  被災史料・被災地と向き合い続けて考えたこと―宮城での活動の経験から―
 大和田侑希(福島県富岡街住民課係長)
  歴史資料保存・活用に関する行政職員が担うべき役割と可能性M
 阿部浩一(福島大学教授)
  ふくしまの史料保存活動の10年を未来につなげる

特別報告
 伊藤一晴(国立公文書館上席公文書専門官)
  令和2年度アーキビスト認証の実施結果と令和3年度の取組について
コメント 芳賀  満(日本学術会議会員/東北大学教授)
     佐々木和子(神戸大学大学院人文科学研究科学術研究員)
パネルディスカッション
 パネリスト:佐藤大介/大和田侑希/阿部浩一
    司会:大友一雄(日本学術会議連携会員/国文学研究資料館教授)
       熊本史雄(駒澤大学教授)

閉会挨拶:中野達哉(日本歴史学協会委員長/駒澤大学教授)

主催:日本歴史学協会・日本学術会議史学委員会
   日本学術会議史学委員会歴史資料の保存・管理と公開に関する分科会
後援:全国歴史資料保存利用機関連絡協議会・日本アーカイブズ学会

 大妻女子大学比較文化学部教員公募

大妻女子大学比較文化学部より、下記の教員公募の依頼がありましたので掲載いたします。
専門分野:   日本史、日韓関係史
採用人数・職位:1名・准教授または専任講師(任期なし)
採用予定日:  令和4(2022)年4月1日
応募締切:   令和3(2021)年7月14日(必着)
詳細は大妻女子大学HP( https://www.otsuma.jp/recruit )をご覧ください。